Skip to content

背中の脱毛に必要な回数とは

「薄着になる季節に合わせて背中のムダ毛を脱毛しておきたい」と考えている人は多いと思いますが、脱毛サロンや病院でも「背中」や「背中上」「背中下」というメニューが設定されています。脱毛サロンでも病院でも主に行われている脱毛方法の仕組みはほぼ同じで黒色のメラニン色素に反応する光やレーザーを使用します。背中のムダ毛は色の薄い毛が多く、色の濃いムダ毛が多いワキやVIOラインよりは結果が出るまでに回数が必要です。そして病院で行われているレーザー脱毛の方がパワーがあるので、一般的には同じ部位でも半分以下の回数で済むと言われています。ムダ毛の量には個人差がありますが、病院のレーザー脱毛で背中を処理する場合は10~12回の施術が必要だと言われています。つまり脱毛サロンで脱毛する場合はこの倍の回数となると費用も時間(根気も?)も必要です。一方でパワーが弱い分、脱毛サロンの光脱毛は痛みが弱くて費用が安いのがメリットです。この点から脱毛サロンで背中の脱毛をしたいのであれば、回数無制限プラン(決められた期間の間に何回でも施術をしてくれるプラン)、もしくは背中が含まれている全身脱毛であれば月額制(毎月1万円程度を払い続けている間は通うことができるプラン)を選べば満足できるまで処理してもらえておすすめです。もちろん病院でも回数無制限プランや月額制を採用している所がありますので、いくつかを比較して自分にあった所と契約することをおすすめします。料金も気にしないとダメですが、脱毛サロンの場合は何度も通う必要があるので地域を絞ってできるだけ通いやすいサロンが多いところを選ぶようにしましょう。私の友達は吉祥寺付近に住んでいるのでネットで吉祥寺の脱毛サロンをまとめているサイト(http://xn--nckgn2sta0bbb5491f4uqu33bk77aogv.com/)を見つけ、全部の体験コースを試してから決めたと言っていましたね。その時に見ていたサイトを教えてもらったので、ここにメモとして書いておきます!もしかしたら他の地域で調べてもこういった地域別ランキングサイトが見つかるかもしれませんね。

ムダ毛の自己処理アイテムの一つ、コロコロ脱毛の効果とは

自宅でムダ毛を自己処理するアイテムはいくつかありますが「コロコロ脱毛」もその一つです。あまり馴染みのない名前かもしれません。カーペットや畳を掃除する時に粘着力のあるテープがついたローラーをコロコロさせることでゴミを取ることができるアイテムがありますが、これと全く同じ仕組みでムダ毛が気になる部分にコロコロ転がすことでムダ毛が取れていく仕組みです。ちょっと時間のある時に、テレビを見ながら気軽にできるのがメリットです。価格は3,000円程度とムダ毛を自己処理するアイテムとしてはそれほど高いものではありません。そして持ち手の部分が長いので背中など届きにくい所も使えて、テープの粘着部分にはハチミツがつけられているので肌にも優しいです。背中を処理する場合体が硬すぎる人だと少し使いにくいかもしれません。実際にコロコロ脱毛を使った人の口コミを見てみると「一気にムダ毛が取れて気持ちよかった」という嬉しい口コミから「粘着力はすごいけど1度使ったら新しい面をすぐに出すのが面倒」「普通の毛質は処理できたけど剛毛には無理でした」というよくない口コミも寄せられています。全身のムダ毛は毛質が様々で自己処理するのであればどんな毛質でも処理できるアイテムの方がいいですね。その点では家庭用脱毛器やシェーバー、カミソリ、脱毛クリームの方がよいかもしれません。値段だけで見ると家庭用脱毛器は少し高くなりますが、その他のアイテムなら3,000円以下で買えるものもいくつかありますので、いくつかを検討して自分にあうものを選びたいですね。

背中の産毛処理におすすめの脱毛方法とは

個人差はありますが、背中のムダ毛は産毛のような色の薄い毛ばかりだと思います。脱毛サロンの光脱毛や病院のレーザー脱毛は黒色のメラニン色素に反応する仕組みなので、特にパワーの弱い光脱毛は効果が出るまでにかなりの時間がかかる可能性があります。そんな時におすすめなのが病院か一部の脱毛サロンで行われている「ニードル脱毛(名前は様々)」です。毛穴一つずつに対して針を刺して毛を作る組織を破壊していくのでどのような毛質でも確実に処理ができるのがメリットです。一方で針を刺して電流を流す数秒の時間がとにかく痛みを伴い、部位によっては激痛で我慢ができないこともあります。病院で行うのであれば麻酔をして痛みを軽減させることができますが、脱毛サロンで行う場合は少し覚悟が必要です。またその方法からとにかく時間がかかるのもデメリットで、例えば「30分5,000円」などと時間単位で費用を設定している所がほとんどです。言うまでもなく背中のような広い場所は30分では終了せず、1度の施術でムダ毛がなくなるわけではないので複数回行う必要があり費用も時間も必要になります。痛みができるだけ少ない脱毛方法と言えば光脱毛の一種のSSC脱毛(新しく毛が生えてくるのを抑える成分が含まれたジェル塗って光を照射することで成分を毛穴に染み込ませる方法)やIPL脱毛(特製ジェルを塗って光を照射する方法。光が拡散するので痛みを抑えることができ、どんな毛質でも肌質でも処理できる)で、いくつかの脱毛サロンで行われています。効果も一般の光脱毛と同様なのでぜひ検討してみることをおすすめします。

自宅で背中の脱毛をする時の注意点とは

自分で鏡を使って背中を見る機会はあまりないかもしれませんが、水着やキャミソールを着る時に背中に産毛が生えていると肌色が暗く見えて見栄えがよいとは言えません。そのため夏になる前に背中のムダ毛を脱毛したいと思う人は多いようです。背中のムダ毛はもちろん脱毛サロンや病院で脱毛できます。しかし忙しくて脱毛サロンや病院へ行く時間がない人には家庭用脱毛器があればいつでも自己処理できるのがメリットです。ちなみに背中のムダ毛と言えばほとんどの人が色の薄い毛や産毛だと思います。家庭用脱毛器は脱毛サロンと同様の機能を持つものばかりですが、黒色のメラニン色素に反応するため色の薄い産毛にはパワーが弱すぎる可能性があります。そんな時には出力を強くできる家庭用脱毛器がおすすめです。家庭用脱毛器で背中のムダ毛を処理する場合、誰かに施術をしてもらった方が綺麗にできますが、ボタンを押さなくても自動で作動してくれる機能を持つ機械もあります。しかし自分では気づかなくても背中にニキビや肌荒れが起こっている可能性もあり、脱毛することで症状が悪化する可能性があるので要注意!様々な家庭用脱毛器を比較しているインターネットサイトを見ても「背中は人にやってもらえないなら脱毛サロンや病院で脱毛した方がいい」とかかれているサイトがいくつかあります。綺麗に、安全に行うためには背中は自分でやらない方がよいでしょう。また「電化製品を新しく買った時に面倒だから説明書なんて読まない!」という人もいるかもしれませんが、これでは肌トラブルを起こす可能性がありますので説明書を読んでから利用しましょう。